今回は、高校生、大学生、新社会人の方に特に一読をお勧めしたい本を2冊紹介します。

塩野七生『生き方の演習 ―若者たちへ―』(朝日出版社・2010年)
これは彼女の講演内容をまとめた本のようです。
割合薄くて活字も大きく、寝っころがって1時間もあれば読めてしまう本ですが、
語学に限らずこれからどうやって生きていくか悩んでいる若者たちには
多くの示唆に富んだ本だと思います。

全体としては人生全般について書かれているのですが、
そこはイタリア語の達人の彼女、語学に関してはいいことを言っています。曰く、
  *外国語は道具として勉強するほうがよい
  *母国語がきちんと話せることが大切
私個人としては、次の項目が特に同感できました。
  *選択肢を多くもてない日本人
  *多くの人間は、見たいと欲する現実しか見ていない
  *教養を身に着けると、いろいろな見方ができる
  *刺激をいっぱい受ければ独創性が生まれる
とても読みやすい本なので、面白そうと思ったら手にとってみてください。


渡部昇一「学ぶためのヒント」(祥伝社黄金文庫425・2000年)
私が尊敬する学者のひとり、渡部先生の実にオーソドックスな学生向け手引き。
いまどきこれほどまっとうに真正面から学問人生を語るという方は
ある意味貴重に思えます。単に学習のあり方にとどまらず、
人生のあり方を記した教えの著ですが、後半の4,5章は語学(英語)学習法
について記されています。
この部分を読むと、最近の文科省主導による英語教育の弊害がよくわかります。
今の英語学習法に疑問を持っている方はぜひ読んでほしいところです。
特に、4章の次の項目は必読です。
  *英語学習の二面性を知ろう
  *実用と教養の二面性を認識しよう
  *辞書を引く楽しみーそこにはドラマがある
また3章の「国際人とはどういう人か」もぜひ読んで欲しいところです。